改良区の活動

<<カテゴリートップに戻る

施設管理

 水量調整や施設の点検・修繕・保全など用水路の維持管理を行い、農家のみなさんが安定して用水を利用できるようにしています。

水量調整

 分水工という水を分配する施設で、各地域に用水が不足しないように水量調整しています。
 また、平成22年度からは水管理システムにより、農林水産省が造成した施設(分水工や揚水機場など)を事務所から監視及び遠隔操作できるようになりました。
 それまでは、水量の確認や調整は現地に足を運び行っていましたが、このシステムが導入されたことにより、大幅な労力の軽減や適切な水量管理が可能となりました。

施設整備

 安全性向上のため、フェンスの設置や用水路の経年劣化に伴う漏水修繕工事などをしています。

施設点検

 定期的に水路や機械類の点検を実施し、施設が適正な状態を保てるようにしています。

施設保全

 改良区、農林水産省、民間企業、地域などが一体となり、調整池などの草刈りを実施しています。
 草刈りには、民間企業がボランティアで参加しています。
 平成29年度は下記の企業に参加していただきました。ありがとうございました。

  • (株)増田組
  • (株)西島土木
  • (株)若杉組
  • 掛川土建(株)
  • (株)落合組
  • (株)村田建設
  • (株)松下組
  • (株)小原組
  • (株)藤本組

▲このページのトップに戻る

Copyright© 2008 ooigawa-yousui. Co.,LTD. All rights reserved