しつもんコーナー

<<カテゴリートップに戻る


Q. どんなゴミをよくみかけるのですか?
A. 野菜くず・雑草・藻(も)・ペットボトル・ビニールふくろ・カップめん
(犬・ねこ・ぶたの死骸(しがい)、フトンなどもあります。)
   
Q. いつごろから、ゴミが多くなったのですか?
A. だいたい、昭和45年ころからです。
(カップヌードル・缶ジュース・いろいろな食べ物が包装されるようになってから)
   
Q. 1週間にどれくらいゴミを処理しているのですか?
A. 約1.5t 普通自動車1台くらい
   
Q. ゴミが多くてこまることはなんですか?
A. 一番困まることは、水が汚ごれることです。  そしてそのゴミを処理するのにたくさん のお金が必要です。  焼却場でゴミを処理しきれない。
   
Q. この仕事は何人でやっているのですか?
A. シルバー人材センターにお願いして、5月〜9月まで4人・10月〜4月まで2人で仕事をしています。
   
Q. この仕事はいつ頃から始めたのですか?
A. 川にゴミが目立ち始めた昭和45年くらいからです。
   
Q. この仕事を始めたきっかけは何ですか?
A. おじさんたちおおいがわ土地改良区(とちかいりょうく)は、常に川の水をきれいにして各田んぼへ農業用水を送る役割があるので。
   
Q. この仕事をやっていて思うことをおしえてください。
A. 川へ平気でゴミを捨てる人がいます、そういう人達が川ばかりでなく周りをいつもきれいにしなければならないという考えをもってもらいたいと思います。
   
Q. 川の中のゴミは、どうやってとるのですか?
A. 川の各所でごみをとるところがあり、小さな川では人が専門の道具を使います。大きな川では、ゴミをとる機械があります。
   
Q. 一日にゴミ袋何袋でるのですか?
A. 約一つ5kgとして、50こくらいです。
   
Q. どの季節が一番ゴミが多いですか?
A. やはり夏場あつい時がおおいです。これは、夏場あつくなると草や川の中の藻(も)が伸び草刈 りなどで川へ捨てるからです。家庭などのゴミは一年を通じて量は同じです。
   
Q. 一日どれくらいゴミがでますか?
A. 軽トラックの荷台から考えると、約一日250kgくらいです。

▲このページのトップに戻る

Copyright© 2008 ooigawa-yousui. Co.,LTD. All rights reserved