大井川用水の歴史

<<カテゴリートップに戻る

● 水のない水田に困った!!

昭和20年(1945年)、終戦前後の日本は、今では想像できないほどの食糧不足に苦しんでいました。それを解決するには、まず、米を育てるために必要な水を水田に運ぶ「かんがい用水路」の改善が必要だったのです。

当時、志太郡(しだぐん)・榛原郡(はいばらぐん)のうち大井川流域には6,400haの水田があり、かんがい用水は、大井川につけられた12の水門からそれぞれ取水していました。左岸には、向谷(むくや)水門、加藤水門、木屋水門、五百間(ごひゃっけん)水門、一番水門、上泉(かみいずみ)水門、西島(にしじま)水門、中島(なかじま)水門、飯渕(はぶち)水門の9つの水門、右岸には、阪本(さかもと)水門、大柳(おおやなぎ)水門、川尻(かわしり)水門の3つの水門がありました。

ところがこれらの水門は江戸時代に作られたものがほとんどでした。そのため、構造が旧式で、ふだんでも十分な水が取れなかったのです。 ましてや水の少ないかっ水期には取水することなどほとんどできず、農家の人たちが全員で力を合わせて、大井川の本流まで川床を堀り割り、※1牛枠(うしわく)※2.川倉(かわくら)でせき上げ、水門口まで水を引くという方法をとっていました。しかし、大雨になると堀り割りはたちまち埋もれてしまい、せっかくの苦労も水のあわでした。

年に何回も大雨に合うため、農家の人たちの苦労はなみたいていのことではなかったのです。 また、それぞれの水門とつながる用水路も不完全で、下流まで水が届かなかったのです。 水あらそいが絶え間なく起こり、市町村では、供出米の割当に苦心していました。当時、供出米は政府の至上命令だったため、市町村としてはきびしい割当を農家に強制せざるをえませんでした。
とりわけ、この地方の水田はザル田と言われるほど大量の水を必要とする水田です。米をたくさん生産するには、何よりもかんがい用水の確保が先決でした。

▲このページのトップに戻る

Copyright© 2008 ooigawa-yousui. Co.,LTD. All rights reserved